【特集】フォーマルコレクション

HOME > 【特集】フォーマルコレクション

FORMAL COLLECTION-フォーマルコレクション- 大切な日に着用するのだから、納得できる1着をお求めいただきたい。

フォーマルとは、冠婚葬祭といった公式行事や社交の場における礼儀作法です。
スリムなシルエットでシャープな印象のシングルフォーマル、落ち着きのある雰囲気を演出するダブルフォーマル。
正礼装としても用いられるモーニングコートや、タキシードもご用意しております。
お祝いの席にふさわしいコーディネートアイテムと共にご紹介します。

デザインで選ぶ

シングルフォーマル

シングルフォーマルSingle Formal

シャープな印象になるシングルフォーマルは、年齢にとらわれず幅広く着用できます。

ベーシックデザイン ワンタックスーツ

ワンタックのベーシックデザインは、クラシカルなコーディネートで大人の落ち着いた印象になります。慶事・弔事のどちらにも安心して着用できる、ベーシックなデザインです。

ベーシックデザインをみる

スリムデザイン ノータックスーツ

ノータックのスリムデザインは、華やかなコーディネートでセレモニーシーンに栄えます。カラーワイシャツやアクセサリーでコーディネートが楽しめ、慶事にお勧めなデザインです。

スリムデザインをみる
コーディネートアイテムはこちら
ダブルフォーマル

ダブルフォーマルDoubleFormal

落ち着いた貫禄のある印象になるダブルフォーマルは大人の男性に着用していただくことをお勧めします。

ベーシックデザイン 4つボタンスーツ

4ボタンのベーシックデザインは、自分の体型に合ったジャストサイズを選んで、ゆったりとしたシルエットにならないよう注意が必要です。日本の慶事・弔事では一般的なデザインです。

ベーシックデザインをみる

6つボタンデザイン

6つボタンのダブルフォーマルは、一層貫禄のあるデザインになります。また、高級感も併せ持つデザインです。シルエットが縦長の為、シャープな印象にもなります。

6つボタンデザインをみる
コーディネートアイテムはこちら
モーニングコート

モーニングコートMorning Coat

モーニングコートは昼の正礼装。朝から、午後6時(冬は午後5時)までの装いです。格式の高い式典、葬儀・告別式、などにおいても着用します。フォーマルウエアは、着用する時間帯にも厳格なルールがあり、昼と夜を分けるところから「ビフォー・シックス」「アフター・シックス」と称されています。

【Memo】ネクタイ…白黒の縞柄、シルバー系の結び下げ、アスコットタイ シャツ…白無地のウイングカラーで、袖口はダブルカフス カフス(カフリンクス)…真珠や白蝶貝などの白い石のもの ベスト…日本では黒のベストで白衿の着脱で慶弔を分けます サスペンダー…白黒の縞柄 ポケットチーフ…白の麻かシルク 手袋…白かグレーの革もしくは布製で、手に持つためのもの ソックス…黒無地もしくは白黒の縞柄 シューズ…黒のストレートチップ
モーニングコートをみる
タキシード

タキシードTuxedo

夜間の準礼服ですが、夕方からの結婚式や披露宴、記念行事や晩餐会などで着用されています。厳格には「燕尾服:えんびふく」が夜の正礼装、タキシードは準礼装となりますが、現代では燕尾服を一般的に着ることがほとんどないため、タキシードを実質的な夜の正礼装として着ていただけます。

【Memo】シャツ…白のウィングカラー(プリーツ付きの方が華やか) ネクタイ…黒の蝶ネクタイ カマーバンド…黒(ヒダは上向きに) カフス…黒(オニキスや黒蝶貝などがおすすめ) ポケットチーフ…白 サスペンダー…黒(ベルトは不可) シューズ…オペラパンプスもしくは黒のプレーントゥ
タキシードをみる

コーディネートアイテム

  • ネクタイ
  • ワイシャツ
  • シューズ
  • アクセサリー
  • チーフ
  • カマーバンド
その他のフォーマルアイテムはこちら