イタリアの伝統を表現する、最高級紳士服。イタリアンクラッシクを日本人に一番合うように 特別にドナートヴィンチ氏がリファインいたしました。「軽く、丸く、ソフト」をテーマに着ていることを忘れさせるような着易さと心地よいフィット感を実現したイタリアンクラッシックが基本コンセプト。

  • スクエアショルダー
  • スクエアショルダー
    スーツの命とも言える肩のライン。肩先がやや持ち上がって見えるような四角い 肩線で男性的なラインを表現。
  • ネックにフィットする衿まわり
  • ネックにフィットする衿まわり
    衿は無理、無駄のないカッティングで衿抜けのない、快適な着用感・フィット感を生み出すように設計。衿は無理、無駄のないカッティングで衿抜けのない、快適な着用感・フィット感を生み出すように設計。
  • 機能的な袖
  • 新開発の付属・アクセサリー
    スーツを汗から守る脇差し付き、細部まで気を配った仕立て。
  • 新開発の付属・アクセサリー
  • 新開発の付属・アクセサリー
    ボタンが取れにくいクロス止め。
  • 機能的な袖
  • 機能的な袖
    袖は大きすぎると身頃に引っ張られて着心地が良くなく肩の機動性も低下。ドナートヴィンチは日本人の体型に合わせて、必要最低限の袖を設計、袖裏にはすべりがよい特殊素材を贅沢に使用して袖通しの良さを追求。
  • 新開発の付属・アクセサリー
  • 新開発の付属・アクセサリー
    スーツの命とも言える毛芯、胸増芯、肩バス毛芯などをドナートヴィンチ氏の指導で新開発。張りがありボリュームのある男らしいシルエットを表現。型崩れを防ぐ本台場仕立て。
  • 履きごこちの良いスラックス
  • 履きごこちの良いスラックス
    日本人の体型に合わせてヒップまわりから渡り、ひざ幅、裾口にまで続く絶妙のラインを設計。歩くとそのスタイリングの機能性を、立ち止まって立ち姿の綺麗さを実感、腰裏にはブランドロゴを型取ったシリコンの滑り止め。
  • 高級仕立てスラックス
  • 高級仕立てスラックス
    表素材を贅沢に使用したテング仕立て。
  • 1953年、カナダモントリオール生まれ、イタリア移民の両親の影響でイタリア人としてのプライドは幼い頃から芽生えていました。12歳の時、彼の父親がイタリアに帰ることになり、Vinci氏もイタリアに戻りました。
    父が有名紳士服工場のデザイナー兼技術者として従事しており、そんな環境の中で育った彼は当然のようにファッション界に入り、CERRUTI 1881グループで第一歩を踏み出しました。ちょうどその頃GIRGIOARMANIがCERRUTI 1881のスタイリストをしており職場を共にした仲でもあります。
    当時の経験が素材の選定・色彩に対しての感性に大きな影響を与えており、現在のヴィンチ氏の源流もここにあります。その後、GIANNIVERSACE、LAURA BIA−GIOTTI等に関与し、ファッション界の舞台裏で着実に実力を高めていき、1973年に独立してオリジナルブランド「VINCI UOMO」を発表いたしました。
    1989年秋、日本では紳士服のコナカと技術提携のうえ、デザイナーズブランド 「ドナートヴィンチ」を発表いたしました。同時期の1989年にミラノにショールームを開設しイタリアでは高級紳士服店として代表的なお店として広く知られております。
  • ドナート・ヴィンチ
  • Donato Vinci
  • Donato Vinci
    エグゼクティブビジネスマンを
    ターゲットにしたイタリアンクラッシック調プレステージスーツ。
  • Donato Vinci Venetto
  • Donato Vinci Venetto
    ドナートヴィンチシリーズのフラッグショップモデル「こだわり」を求める方におすすめ。
  • Donato Vinci U
  • Donato Vinci U
    洗練されたシルエットを踏襲したハイグレードなイタリアンクラッシックビジネスモデル。
  • Donato Vinci Uomo
  • Donato Vinci Uomo
    ビジネスで使える「ソフトテ−ラリング」モデルのプレステージスーツ。
  • Donato Vinci Moda Italy
  • Donato Vinci Moda Italy
    エレガンスなシルエットと感性を楽しむハイグレードなイタリアンビジネスモデル。