トリビア

タキシードの衿に光沢があるのは何のため?

こんにちは!コナカオンラインショップです。
今回は、知って得するスーツにまつわる豆知識をご紹介。
お題は、タキシードの衿に光沢があるのは何のため?です。さて正解は・・・

答えはB

タキシードは夜間に着用する礼装とされています。
衿には光沢があるシルクが使われていますが、これは一説によると、明かりが少ない時代に光を反射して、顔を見えやすくするためだと言われています。

ちなみに、タキシードの衿は英語で「フェイシングカラー」と呼ばれています。
「フェイス(顔)」が入っているのは、顔を見えやすくする衿の名残りなのかも知れませんね。

キラリと光る、昔の人の知恵に感心しました♪

紳士服コナカはビジネススーツのイメージが強いかと思いますが、実はコナカオンラインショップでは、フォーマルウェアも豊富に取り揃えています。

今回のトリビアのテーマに上げましたタキシードもお取り扱いがございます!

タキシードの着用シーンというと、結婚式で新郎が着用するもの。または、披露宴の司会を任された時。と思われがちですが、オペラやバレエなどの文化的な催しの初日には、タキシードを着用するのが常識であったりするそうです。舞台鑑賞が趣味という方は、1着持っていると良いかもしれませんね(^^)

◆【ワンタック】ショールカラータキシード(アジャスター付)はこちら!

ネット価格¥34,000(+税)

ショールカラーとは、首にショールをかけたような衿、後ろから前にかけて刻みのない衿の事をいいます。衿の形がヘチマに似ている事から「ヘチマカラー」とも呼ばれています。

◆【ワンタック】ピークドラペルタキシード(アジャスター付)はこちら!

ネット価格¥34,000(+税)

ピークドラペルとは、 テーラードジャケットの代表的な衿の形の一つです。「ピークド」は「尖った」という意味で、剣先のような鋭い下衿が特徴。日本では「剣衿(けんえり)」とも呼ばれています。 

タキシードスーツを着る時に一緒に合わせたいアイテムもご紹介です。
◆白のウィングカラーシャツ>>
◆黒の蝶ネクタイ >>
◆黒のカマーバンド(ヒダは上向き) >>
◆黒のカフス(オニキスや黒蝶貝など) >>
◆白のポケットチーフ >>
◆黒のサスペンダー(ベルトは不可) >>
◆オペラパンプスもしくは黒のプレーントゥ >>

今回は、タキシードをテーマにお届けしました。これから結婚式やフォーマルな装いのシーンに何を着ようか迷っていた方!せひコナカオンラインショップをチェックしてみてくださいね。

またの更新をお楽しみに♪