トリビア

「カッタウェイ」と言われる衿の形はどっち?

こんにちは!コナカオンラインショップです😊
今回は、知って得するスーツにまつわる豆知識をご紹介。

今回のお題は「カッタウェイ」という衿の形は図のどちらが正しいでしょうか?

正解は・・・・・・

「B」の180°に広がっている衿の形です。

「カッタウェイ」は「ホリゾンタルカラー」とも言い、衿の開いている角度が180度前後、つまり“水平(ホリゾンタル)”になっている衿型のことです。

ちなみに、Aは「ワイドカラー」。

こちらは、開いた角度が約120度の衿型です。

「カッタウェイ」はイギリスから広まったと言われており、現在ではイタリアや日本など、多くの国で人気のある衿型です。

衿が大きく開いているため、ネクタイをする場合は大きめの結び目がよく合います。

最近はビジネスにおいてカジュアル化が進み、スーツにネクタイのスタイルが必須ではなくなりつつあります。ノータイでシャツを着用している方も多いのではないでしょうか。

カッタウェイの衿の魅力は、ノータイで第一ボタンを外しても、衿がしっかり立ってきちんとして見えることです。

衿型で、雰囲気を変えてワイシャツのコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。「シーン別おすすめの衿型」を3種ご紹介します!

①レギュラー

フォーマルからビジネス・ジャケットスタイル、就活・リクルート・結婚式など 幅広いシーンで活躍する衿型です。

【形態安定】【レギュラーシルエット】【オイルガード】【レギュラー】
長袖ワイシャツ(ホワイト系・無地)EAJC34-01  はこちら

②ワイド

ビジネスシーンでの着用にぴったり!首回りがすっきり見えるので、全体的にスタイルをシャープに見せたい時におすすめです。ジャケットとの相性も良いです。

【形態安定】【スリムシルエット】【オイルガード】【ワイドカラー】
長袖ワイシャツ(ホワイト系・ドビー)EAJB82-01 はこちら

③ボタンダウン

衿立ちが良い為、ノーネクタイのスタイルが多い方や、クールビズシーズンに着用シーンが多い衿型です。もともとイギリスのポロ選手が着用していた衿型といわれスポーティーな印象も与えます。

【形態安定】【レギュラーシルエット】【オイルガード】【ボタンダウン】
長袖ワイシャツ(ブルー系・ドビー)EAJC40-15 はこちら

コナカのワイシャツは、2シルエット×最大52サイズと豊富なサイズ展開のご用意がございます。ぜひ、あなたにぴったりの1枚を見つけてみてください。
またの更新をお楽しみに!